Hive

HONDAスーパーカブ50のメンテナンス等に関するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイルストレーナー、オイルフィルタローター清掃

オイルストレーナは、エンジンオイルがオイルポンプに入る前に、
大きな異物を取り去るための金網みたいなものです。
オイルフィルタローターは、クラッチの遠心力を利用して、
オイルの細かい汚れを分離してしまう部分です。
清掃してわかったのですが、このフィルタロータの威力はすごいです。
2万キロでびっしりいっぱいに異物がたまっていました。

エンジンオイルは、オイルストレーナで大きな異物を取り除いたあと、
オイルポンプに入り、油圧をかけて排出されます。


そのあと、R.クランクケースカバーにある通路をとおって、
矢印の小さな穴から噴出します。


そのあとは、クラッチの真中にあるオイルスルーへ入ります。


オイルスルースプリングがあるところで、
オイルが遠心力で異物と分離されて、
異物はオイルフィルタローターにたまり、
エンジンオイルは、クラッチの中と、クランクシャフトの中に入り、
各部に送り届けられます。



オイルストレーナとオイルフィルタローターの2箇所を清掃するには、
R.クランクケースカバーを開けなければなりません。
R.クランクケースカバーの中は、
エンジンオイルが入っていて、
他には、オイルポンプや、プライマリドライブギア(17T)や、
プライマリドリブンギア(69T)や、遠心クラッチが
入っています。

オイルストレーナーは安いので交換してしまうことにしました。
準備する部品はガスケットやOリングやオイルシールなどこんな感じです。



工具は、ガスケットを除去するためのスクレーパと、
合わせ面を整えるためのオイルストーンが必要です。
スクレーパーではがしにくいガスケットは
ガスケットリムーバを使います。


その他、差込角6.3sqの8mmディープソケットがあると便利です。

オイルフィルタローターにたどり着くためには、
クラッチアウタカバーを外さなければなりません。
これは4本のネジで止まっているのですが、
これがナメやすいらしいので、
電動インパクトドライバを使用してはずします。
とっても楽でした。


取り外しの手順は、次の通りです。

  1. レッグシールドを外します(邪魔なので)。
  2. エンジンオイルを排出します。
  3. マフラーを外します。
  4. ステップを外します。
  5. キックペダルを外します。


  6. 8本のネジとパワーケーブルのコードクランプを外して、R.クランクケースカバーを取り外しますが、熱で固着しているので、あの手この手を使って苦労して外します。




  7. 写真をとり忘れましたが、クラッチリフタレバー、ボールリテーナ、リフタスプリング、クラッチリフタカムプレート、オイルスルー、オイルスルースプリングを外します。この取り付け状態は、写真に撮っておいたほうがいいです。取り付けのときにどうすればいいかわからず苦労しました。
  8. 電動インパクトドライバで、クラッチアウタカバーの4本のネジを取り外します。
  9. クラッチアウタカバーについているクラッチリフタベアリングがスムースに回るかどうかチェックします。
  10. クラッチアウタカバーを取り外します。これがまた固着していて外れないので、あの手この手で苦労しました。
  11. このあと、クラッチを外そうとしましたが、断念。クラッチの点検とオイルポンプを交換したかったのですが、次回にします。ロックナットレンチをうまく使うことができず、外せませんでした。工具不足もあり、時間切れ・・・次回へ。


  12. オイルストレーナーはこの矢印の場所にあります。
    ラジオペンチで抜き取ります。


  13. オイルストレーナーを交換しました。たいして汚れてませんでしたけど、熱のせいか、たわんでいました。


  14. オイルフィルターローターの汚れを取りました。エアーを使わずに、ウエスで拭き取ります。半端ない汚れでした。泥のようなものが、この部分にびっしりとつまってました(写真はちょっとだけ拭いたあと)。


    そして、これが泥のような汚れ。約2万キロ走行で、エンジンオイルを1000km未満で交換してきてこれです。感覚的には1万キロごとに清掃したほうがいいみたい。


  15. ガスケットをガスケットリムーバーとスクレーパーで外します。これにほとんどの時間を費やしました。結構大変で根気のいる作業でした。



で、あとは、サービスマニュアルどおりに取り付けです。
結構大変で疲れたので、省略します。
時間と体力の余裕のある時にやらないと焦って失敗しそう。


ちなみに、クラッチ交換とオイルポンプ交換をするために、
もう一度R.クランクケースカバーをあけたときに、
オイルストレーナーをチェックしたら、
こんなに異物が入っていました。


ウエスの糸やら、ガスケットの屑やら。どうも
一回目にあけたときにちゃんと清掃しないで
閉めてしまったからだと思います。
今度から気をつけようと思います。
あと、オイルフィルタローターには、
ほんの270kmぐらいの走行で数ミリうっすらと黒い物体が
たまっていました。結構たまるもんですね。
5000kmに一回ぐらい掃除したほうがいいんでしょうか。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hive.blog21.fc2.com/tb.php/210-ce14c1b4

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

Find

このブログの中から探したい
文字列を入力すると、
その文字列を含む記事の
タイトルリストが右側に
表示されます。

About this blog : Hive

About My
HONDA Super CUB 50

  Color : Plasma yellow
  Type : BA-AA01 Standard
       2002 Street spec.
  Engine : AA01E
  Carburetor : PB3LA

C50ST2

HONDAスーパーカブ50
ストリート仕様の整備等に
関するブログです。
自分と同じ原動機付自転車
初心者の方々にも
スーパーカブを楽しんで
頂けるように書いている
つもりですので老若男女を
問わず参考にして頂ければ
幸いです。とは言えバイクの
専門用語っぽいものは
解説していないものが
ほとんどですので検索してみたり
本とかで調べてみて下さい。

このブログはリンクフリーです。
リンク時はご連絡頂かなくても
大丈夫です。
blog URL:http://hive.blog21.fc2.com/
QRコード

↓↓Bannar↓↓
URL:http://blog-imgs-24.fc2.com/h/i/v/hive/hive.gif


Since Jul.6,2005
Written by hixy


※注意

このblogにある情報は、
ホンダスーパーカブ50
ストリート仕様2002年型
フレーム号機AA01-1300001~
についてのみですので、
くれぐれもご注意下さい。
また、メンテナンスは
自己責任で行って下さい。
このブログの情報を利用して
ご自分で整備や改造を
行った結果、不具合が発生して
不幸な事態に陥ったとしても、
当方では、如何なる責任も
負いかねます。
ご了承になってご覧下さい。
あんまり参考にならないかも
しれませんが・・・

アクセス統計

List of All Articles

全タイトルを表示

Find Parts

バイク用品店ナップスのホームページです。
いつもこの店でパーツ等を購入しています。
店員さんもメカニックの人も
とても感じがいいです。
バイク用品検索もできますので、
どうぞご使用下さい。

バイク用品店ナップス

Link

    本田技研工業
    ホンダ公式ホームページ
    【Honda】

    ホンダネット
    ホンダのFANサイト。
    ホンダ関連のホームページやブログがいっぱい
    ホンダのことならホンダネット

    アウトスタンディング
    ベトナムパーツはここで買っています。
    ミディシートとかキャリアとかいろいろ
    カブベトナムパーツ・シート


    バイク関連ブログ検索



    ブログランキング



    にほんブログ村 バイクブログへ

    ブログランキングくつろぐ








    Cub Owner's Page

  • 【管理者ページ】

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。