Hive

HONDAスーパーカブ50のメンテナンス等に関するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラー交換

標準で左側のミラーがなかったので、
小さめの丸型で、ステアリングの端からはみ出ないような
メッキのミラーを装着しました。


ステアリングの端からはみ出ると、
車にひっかけられたり、ひっかけたりする不安があったので、
多少視界が限定されても、小さめにしました。
右側も同じものに交換。
ミラーのネジ径が10mmで、車体側が8mmなので、
変換アダプタを使用しました。
ミラーは薄い青色がついてるけど、
防眩ってわけではない。
どうして色がついているかわからないけど、
ミラーを見たときに、青色の部分がミラーの視界ということが
わかりやすくて、認識が早くなるので、よかったなと思います。
安全性を向上させるため、
glacoの0mのスピードで水をはじいてくれる専用撥水剤をつけてみたが、
説明書をよく読むと、
色がついているミラーには使用しないで下さいと書いてあって、
説明書どおり色がとれてきて、ミラーが見難くなってしまったので、
同じミラーに買い換えました。


運転もちょっとは上手になってきたので、
ハンドルからミラーがはみ出してても大丈夫かなって思って、
ミラーを変えました。後ろが覗き込まなくても
とてもよく見えるようになりました。




スポンサーサイト
続きを読む »

ペダル用滑り止め

ブレーキペダルとギアチェンジペダルは
靴の種類にもよるでしょうが、濡れるとよく滑ってミスります。
ギザギザはついていますが、どうしてこんなによく滑るのでしょうか。
本当に危ないです。
雨の時には、ギアチェンジできずに、
足が滑ってレッグシールドを蹴飛ばしてしまうくらいの勢いです。
ステップにかかとをのせたままチェンジすればこのようなことは
ないのかもしれませんが、やはり素早さに欠けます。
そこで、ペダルに、滑り止めをつけることにしました。
玄関の石段などに張るちょっと厚めのシールです。
表面が紙やすりのようになっていて、
もともと雨ざらしのものに張るものなので
接着力もあって、とてもよいです。






昨日はかなり強い雨が降りましたが、
安心して運転できました。


ちなみに、ギアチェンジペダルの切り欠きが地面にまっすぐ向くように
セットするのが、標準のようです。


自分の場合は、ミディシートで若干後ろに座るので、
切り欠きをひとつずらして、シフトアップ側が高くなるようにしています。
これで足がさらに滑りにくくなりました。

ヘッドライトユニット交換

光軸調整の時に、強くボルトを締めすぎて、
ヘッドライトユニットに入っているナットを
なめてしまいました。
なんとヘッドライトユニットごと交換しないと
ダメそうだったので、やむを得ず交換しちゃいました。


ライトバイザーはつけるのをやめました。
ライトバイザーの機能的な意味がわからないこともあり、
そもそもライトバイザーをつける時に、
ナットをなめてしまったわけで。

リアキャリアボックス装着

リアキャリアボックスを装着しました。
バイク屋にいっても、
どのボックスも主張が激しいので、
スーパーカブに合わないかなぁと思っていたのですが、
自分の探していたボックスに近いものをやっと見つけました。
MEIHO(明邦化学工業株式会社)のカスタムセブンです。
アウスタのミディシート用リアキャリアに装着しました。


横に張り出していないし、
変な丸みもないし、軽いし、
ヘルメットもいれようとすれば入るし、
やっとみつけたーって感じでした。
でも、色が自分のスーパーカブに合うものがなかったので、
塗装をしてから装着することにしました。
買ったときは、最初は真っ白の白でした。
レッグシールドと近い色に塗装することにしました。
レッグシールドはココナッツホワイトって色です。
まずは、耐水ペーパーをかけて塗料がのりやすくして、
そのあと、洗って油脂をとって、
ホームセンターで買ったプラスチックの下地塗用スプレーと
ラッカースプレー(ハニーホワイト)を塗りました。
そのあと、なんとなくKUREのシャシーコートクリアを全体と、
鍵の部分が錆びそうだったのでスプレーしておきました。




乾いた後、HONDAとかNGKとかのシールを貼りました。
塗装の途中で雨が降り出したり、風が吹いたりして、
急いでやって失敗しちゃいました。
塗装は極薄塗りと乾燥を何度も繰り返して、
乾燥は特にじっくり時間をかけるのがベストです。

これで、雨の時期にヘルメットをヘルメットホルダーにつけて
放置して、ヘルメットが濡れてしまったり、カッパとか、
折り畳み傘とか、予備部品(ライト等)も持って歩かなくてよくなりました。


塗装の下手さをごまかすためにステッカーを貼りました。
いや、貼りすぎました。


灰皿

灰皿をつけました。タバコをポトンって落とすと、
勝手に火が消えるやつです。
ドン・キホーテで安く売っていたので、
右側のペットボトルホルダーにつけました。


実は、前は群青色の灰皿をつけていたのですが、
工事中でアスファルトが凸凹の道路を走っていたときに、
フタがすっとんでどっかへいってしまったので、
買い換えたんです。
この上のフタはちゃんと閉めておかないとどっかへ
飛んでいっちゃうのでご注意下さい。

この灰皿は、結構、環境保全やいろんな方々のお役にたっているようで、
フタをあけると、吸った覚えのないいろんな種類のタバコの吸殻が
入っていることもしばしば。

最近、原付に乗りながら、タバコを吸う人が多いです。
タバコは、止まって吸いましょう。
前方を走る原付から、火種が飛んできて、危ない思いをしたことが
何度かあります。タバコを投げ捨てた人もいて、火のついたタバコが
飛んできたこともあります。
これは明らかに、攻撃ですよね??
それから、前方の原付からの煙がぼくのジェットヘルメットの
シールドの中に入ってきて、ムカついたこともあります。
離れていても、結構後ろの人は迷惑しているものです。

あと、ムカつくのは、車の中からタバコを投げる人。
バイクは基本的にキープレフトだから、
助手席の人がタバコを窓から投げたらよけようとしちゃって
下手したら事故るって。
おねがいだから、ぼくにタバコをぶつけないで下さいね。
灰皿はちゃんと貸しますんで。

 | HOME |  »

Find

このブログの中から探したい
文字列を入力すると、
その文字列を含む記事の
タイトルリストが右側に
表示されます。

About this blog : Hive

About My
HONDA Super CUB 50

  Color : Plasma yellow
  Type : BA-AA01 Standard
       2002 Street spec.
  Engine : AA01E
  Carburetor : PB3LA

C50ST2

HONDAスーパーカブ50
ストリート仕様の整備等に
関するブログです。
自分と同じ原動機付自転車
初心者の方々にも
スーパーカブを楽しんで
頂けるように書いている
つもりですので老若男女を
問わず参考にして頂ければ
幸いです。とは言えバイクの
専門用語っぽいものは
解説していないものが
ほとんどですので検索してみたり
本とかで調べてみて下さい。

このブログはリンクフリーです。
リンク時はご連絡頂かなくても
大丈夫です。
blog URL:http://hive.blog21.fc2.com/
QRコード

↓↓Bannar↓↓
URL:http://blog-imgs-24.fc2.com/h/i/v/hive/hive.gif


Since Jul.6,2005
Written by hixy


※注意

このblogにある情報は、
ホンダスーパーカブ50
ストリート仕様2002年型
フレーム号機AA01-1300001~
についてのみですので、
くれぐれもご注意下さい。
また、メンテナンスは
自己責任で行って下さい。
このブログの情報を利用して
ご自分で整備や改造を
行った結果、不具合が発生して
不幸な事態に陥ったとしても、
当方では、如何なる責任も
負いかねます。
ご了承になってご覧下さい。
あんまり参考にならないかも
しれませんが・・・

アクセス統計

List of All Articles

全タイトルを表示

Find Parts

バイク用品店ナップスのホームページです。
いつもこの店でパーツ等を購入しています。
店員さんもメカニックの人も
とても感じがいいです。
バイク用品検索もできますので、
どうぞご使用下さい。

バイク用品店ナップス

Link

    本田技研工業
    ホンダ公式ホームページ
    【Honda】

    ホンダネット
    ホンダのFANサイト。
    ホンダ関連のホームページやブログがいっぱい
    ホンダのことならホンダネット

    アウトスタンディング
    ベトナムパーツはここで買っています。
    ミディシートとかキャリアとかいろいろ
    カブベトナムパーツ・シート


    バイク関連ブログ検索



    ブログランキング



    にほんブログ村 バイクブログへ

    ブログランキングくつろぐ








    Cub Owner's Page

  • 【管理者ページ】

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。